HOME > 就活トータルサポート塾とは

就活トータルサポート塾とは

就活トータルサポート塾設立の背景

昨今の厳しい就職、巷では超就職氷河期と言われ、昔のように大学に入学し卒業すれば100%近くの学生が職職できる時代を懐かしく思います。
大学への進学率は年々上がり進学を希望した誰もが大学へ入学できる全入時代になったにも関わらず、いざ出口の就職では苦心をしいられ、本年も大学卒業者約55万人に対し就職者数は約35万人、 就職者を卒業者で割った就職率は61.6%で、就職も進学もしていない学生約10万人が路頭に迷っている、という現実に直面します。
文科省では各大学に対し、初年次キャリア教育を推奨し、政府は経団連との協議により、就職活動を2ヶ月遅らせ且つ3年新卒扱いとする方針を決めました。

一方、各大学では、キャリアセンター、職員、教員の方々が学生の就職に注力し、職員の方が自ら 企業訪問、学内セミナーなど就職対策を実施し、学生自らも就活予備校に通い対策を行っています。
しかしながら、現状では内定を取っている学生は何社も取り、一方では何十社そして何百社受けても受からず、就職活動をやめてしまい、どこにも内定がとれず最悪、うつ状態にまでになる学生までも見受けられます。なぜ、そこまでしても内定が取れないのでしょうか?

我々はそこの”なぜ”に注目しました。元上場企業人事管理職、企業マネジメントと就職予備校にて直に就職活動の指導経験者とで、通常の就活のカリキュラムに加え、今まで他就職予備校では実施していなく、各企業が採用時に注力する講座を新たにプログラムに入れ、就職内定力を高める講座、対策を提供し、就職活動という 社会人への階段を登りきったその先の困難な道も、スムーズに通り抜けられるような、柔軟で的確 に対応できる、そして尚且つ、今後のグローバル化にも対応できる”ビジネスプロフェッショナル”な学生を輩出することを使命としています。

また、基本的に個別指導を採用しております。
いつでも個別相談・個別指導に対応できるような体制を取っております。
その為、定員に達した時点で、講座申込を締切らせて頂きます。予め、ご了承下さい。
なお、シェアオフィス(複数企業が存在するオフィス)を使用し、低価格でのご提供を実現しております。

講師紹介

●徳永 拓哉 法政大学卒。若くしてサービス業界にてマネージャー経験を経て、人・物・金を任され、特に人事採用、育成に注力し、その後、就職・資格予備校にて首都圏大学キャリアセンターを中心に学生の就職指導経験。
*キャリアアドバイザー・メンタル心理アドバイザー

●橋本 義弘 教育機関にて、民間・公務員受講生に指導。また、自らも部下の育成指導を行い、多方面からの評価を得ている。マーケティング理論を熟知しており、論理的に物事を進めていける指導を提供。
*プロモーションマーケター

●岩田 清 元上場企業人事管理職。人材採用・人材教育を独自の手法で開発し採用され、現在でも実施されて実績多数。そして各企業を知り尽くし、企業が求める人材を熟知している。企業研究に熟知し、模擬面接などでは鋭い視点で評価。
*就活アドバイザー・人材アセッサー

受講生の声

<<準備中>>

menu
menu